4.大きな着ぐるみを作りたい!

大きな着ぐるみ製作にはいくつか課題があります。
第一にドアやエレベーターを抜けたり車に積めるかなど、使用環境を検討してみましょう。

それで問題がなければ、動きやすさについてイメージする必要があります。頭部が大きくなるとフラツキが懸念されますので、デザインによっては問題があります

また、材料の企画サイズも影響します。生地の規定幅を超えるような大きさになると、生地同士のつなぎ目がたくさん生じ、見た目の問題も起こります。

5.ドアを通らない!どうすれば良いの?

◎幅も奥行きも大きすぎるとドアが抜けられなくなります。
◎車に乗れられるかも問題です。

原画通りに作ると、大きすぎてドアを抜けたり、車に乗らないケースもあります。そのため設計時に横幅を縮めてその問題を解消しています。
原画通りではありませんが、さほど違和感はありません。


正面だと、ドアを抜けきれない


横歩きで抜けるために横幅を調整

6.二頭身は可能ですか?

デザインにもよりますが、2 頭身くらいまでは可能です。

ただし、必然的に腕の動きが制限されます。2頭身を超えると頭部サイズがとても大きくなり、腕の動きが自由にならないおそれがあります。

そのため二頭身着ぐるみ製作では着ぐるみ全体の「動き」考慮して、頭部の最大サイズやプロポーションを調整しています。

二頭身着ぐるみ

左が二頭身着ぐるみ、右が二頭身を超えた着ぐるみです。二頭身を超えると腕の動きだけでなく、覗き具合にも影響するおそれがあります。