フェイクグリーン(人工植物)を使った看板

人工の植物を使った壁面づくりが人気です。しかし、フェイクグリーンや人工植物、Artificial Green(アーティフィシャルグリーン)、Vertical Green(バーティカルグリーン)などと、その呼び方も一様ではありません。
人工なのでその素材はポリエチレンやポリエステルなどが使われていますが、近年は実に巧妙に作られていて、かつての造花のように不自然ではありません。
 

フェイクグリーン(人工植物)を使った空間づくり

屋内サインの効果を高める手法
フェイクグリーン(人工植物)と看板を組み合わせた空間環境づくりをご提案します。人工なので水やりなどの手間がかからず、ナチュラルな空間が形成されます。グラス類だけでなく苔類、シダ類など種類も多様です。
無機質な性格の看板を有機的に変えることで、より良いファーストインプレションをもたし、集客効果も期待できます。
植物展示の高い技術を持っている「鹿司意匠設計」とタイアップした事業です。
 
関連記事
ディスプレイとグリーン演出>
人工植物を使ったグリーンサイン>

フェイクグリーンを使った快適なオフィス環境づくりをデザインします。
イベント装飾でも活用できるフェイクグリーン
看板(サイン)と相性の良いフェイクグリーン
施設環境の改装を容易にできるフェイクグリーン
エアープランツや実際の植物との組み合わせも可能
アイキャッチとしても活用できる人工植物